仁義なき札束選挙

その昔、血で血を洗うかのような選挙戦が広島でありました。中選挙区時代、広島三区には自民党から3人の候補が立っていました。「仁義なき戦い」と言われたのは、その頃猛烈な対戦を繰り返していた亀井静香議員と佐藤守良議員の代理戦争。街が分断されてしまった「仁義なき戦い」の後遺症は、その後何年も続いたそうです。 「なんか迫力」その頃の選挙は「札束が飛び交う」などと噂され、関わる人も目がギラギラ、血の気が多…

続きを読む