輝け、娘盛り

先日、娘の誕生日を祝いました。リクエストにより、白島の一軒家フレンチ「MILLE」 昨年の誕生日、「来年は彼氏とお祝いかも」と感慨深く思ったものですが、そんなこともなくまた親子二人でお祝いです。喜ぶべきか、悲しむべきか・・・。 ま、いいか。 舞台が始まるような高揚した気持ちになります。 序奏は軽やかに、華やかに。 中盤は変幻自在に。 パパに似て、本当に美味しそうに嬉しそうに食べる子で…

続きを読む