正義中毒とエセフェミニスト

「正義中毒」という本が話題です。読んだわけではありませんが、昨今の状況を鑑みて、非常に納得できるタイトルです。 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、猛パッシングを受けています。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」との発言です。 「失礼ね~」 まあこの方に限って「またか」の感情の方が強く、最初聞いた時は大した怒りが湧きませんでした。しかし、連日テレビ、新聞、…

続きを読む