行く春、惜しむ春

今年の桜は、まるで駈けるようにしてその季節を終えようとしています。寂しいことです。 しかし地面がピンクに染まるのも、風情があります。 花見て一杯とばかりに、息子がシャンパンをくれました。さすが我が息子、母の好みを押さえています。 嬉しいのでお花を入れました。その横にあるのは、桜の花。娘がホリーの散歩途中で拾って来たものです。嬉しそうに「見て~」と差し出すところは子どものまま。 「やれやれ…

続きを読む