周恩来がナンバー1になったら~菅官房長官~

人選としては素晴らしいのですが、唯一の弱点が「菅義偉には菅義偉がいない」ことだそうです。
なかなか名言。

官房長官は女房役と言われ、総理大臣にとっては最重要な「身内」ともいえる人であり、内閣の要であり・・・そんな役職を長年務め、安定感抜群で決して乱れさせず、内閣を守り切った手腕は素晴らしいものでしょう。
地味な感じはしますが、コロナ禍のいわゆる「非常時の」総理大臣として、ふさわしい人だそうです。

4642DD72-F455-48BD-A6CB-69660C6ED639.jpeg
「まだ選挙はこれからだけど・・・」
もういいじゃん、決まったようなもんだし。

菅官房長官を見ていると、また読み返したくなりました。

51DgWXEkKEL__SX345_BO1204203200_.jpg
永井路子著、「はじめは駄馬のごとく~ナンバー2の人間学~」
北条義時、源義経、藤原不比等、平時忠、明智光秀、徳川秀忠・・・時代の寵児の後ろに控えていたナンバー2たち。
特に著者得意の鎌倉時代、北条時政の息子で政子の弟、執権・北条義時の章はとても面白かった。

毛沢東における周恩来のようだった菅義偉。
どんな政治をするのだろう・・・?

4B0A0200-4AAA-458A-8AA1-51A91B37271B.jpeg
「ナンバー1になった周恩来?」


この記事へのコメント


前のページにもどる