欺瞞のフェミニスト

総裁選が始まりました。
え?やっと?もう決まってる感満載ですが・・・。

勝ち方が大事で、次へ繋がる2位争いも非常に重要だとのこと。

01B743A7-70E5-4DE3-89AF-789BDCBB72B3.jpeg
タロウに連戦連敗のムー。
「今日も負けたの・・・」

ニュースでおかっぱチョビ髭のリベラルコメンテーターが、「女性がいないのがね~」と言っていました。
こういうエセフェミニストが大嫌い。
実力がなくて出られないのだから仕方ないのを、「日本は遅れている」という風に話を持って行きたがる。
結局女性を「イロモノ」と見ているのと同じです。

日本女性が遅れているのではなくて、男性社会が女性を登用しないのではなくて、実力が無いから総理になれない・・・それが真相です。
日本女性は、大正期に日本有数の保険会社の設立を果たし、宇宙飛行士になり、国連難民高等弁務官の職にも就いています。
総理大臣にだけなれないのが「社会のせい」だなんて甘えです。
そんなことをいつまでも言っている政治家が「女性初の総理を目指す」などと言われても、やはり応援したくない。

前回の米大統領選でヒラリー・クリントン候補が敗れた時、「ガラスの天井があった」と言いました。
聞いていて凄く残念に思いました。
言ってほしくなかった。

サッチャー首相やメイ首相は、女性であることの不利を口にしませんでした。
したのかもしれないけど、あまり聞こえて来ません。
実力のある人とは、そういう人だと思っています。

件の政治家さん、女性であることが不利であるように言うけど、世襲議員で選挙の地盤を引き継いだのだから、有利なものも貰っています。
女性であるから、何も出来ない若手議員の時からメディアに出してもらっていました。

氏は以前総務大臣をしていましたが、同じく女性の現大臣・高市早苗氏の方が仕事が見えてやり手感が強い。
でも高市氏や稲田氏など、安倍首相に近い人はアベノセイダーズとしては押したくないというところでしょうか?
エセフェミニストにちやほやされているうちは、絶対総理の目は無いでしょう。

07D4B32B-6580-433D-93B4-F03814A97C3A.jpeg
「エセフェミニストって・・・?」
女の真の敵は、実はそういう人。


この記事へのコメント


前のページにもどる