輝け、娘盛り

先日、娘の誕生日を祝いました。
リクエストにより、白島の一軒家フレンチ「MILLE」

昨年の誕生日、「来年は彼氏とお祝いかも」と感慨深く思ったものですが、そんなこともなくまた親子二人でお祝いです。
喜ぶべきか、悲しむべきか・・・。

ま、いいか。

8F92AB1D-9666-43CA-A72D-6D7D1F482D74.jpeg
舞台が始まるような高揚した気持ちになります。

E01BAA61-A2E0-4C38-9F58-E23A8B9B7528.jpeg
E9ADCA39-3F6F-48C1-82B8-61EA23C61BA5.jpeg
CF2CAEBE-522D-4F4F-979F-86995AE76C51.jpeg
序奏は軽やかに、華やかに。

F6CE965E-71A9-4E46-A711-C546CD3CC219.jpeg
9FDAE34A-ACB3-43DC-8267-689D89A40C4F.jpeg
02DE0134-F808-47F6-862C-C27DBBC994B2.jpeg
A7A6DD6B-2819-4EF3-A171-50B8E5F695E0.jpeg
中盤は変幻自在に。

6D2F954C-D438-4AC2-8531-0CE94862AA3A.jpeg
パパに似て、本当に美味しそうに嬉しそうに食べる子です。

17475D87-CB84-43F5-889E-9177D77BACE1.jpeg
お魚に驚きを与えられ、

33399D7C-662F-4D99-9DE4-AC18F38097C7.jpeg
お肉(鹿)で感動のフィニッシュ!

3B75D2FD-033F-47C0-9832-E6CB3F54B1C8.jpeg
弾ける笑顔でデザートを・・・。

まるで娘盛りの華やかさのようなコース料理。
26歳を華々しく迎えることが出来ました。

コロナで世の中が一変し、輝ける未来の創造しかなかった子も不安と焦りが時折心を占め、未来の地図が描けなくなってしまいました。
でもね・・・
若さがあるでしょ。
大丈夫!未来は輝く!絶対!

唯一の美点と言っても良い「コツコツと努力する」姿勢は、きっと花を開かせると信じてるから。

F448FED5-8FF6-463C-85D0-F65B8E98CF6C.jpeg
「花より団子だが」

この記事へのコメント


前のページにもどる