みんな、小池る

少し前、テレビで一斉に使われだした「エビデンス」という言葉。
コロナに関する証拠というか、科学的根拠を示す話題で盛んに使われ、定着しました。

コロナ禍にあっていろんなカタカナが横行し、おばちゃんは大変よ!
クラスター、オーバーシュート、ロックアウト・・・スポーツの技の名称かと思った。

C6C81F02-54EA-4051-8D73-5FC06B4A5648.jpeg
「それはオーバーヘッドシュート」

小池都知事が加わると、もう「ここはどこ?日本なの?」という感じ。
氏を一躍有名にした「クールビズ」はカッコよかったし、都知事選での「都民ファースト」もわかりやすい。
レガシーもスマートシティも政策を語るうえで、よくわかりました。
ステイホームもキャッチーで良し。
アウフヘーベン・・・はて・・・?

1065CBA4-7C70-41CA-B0EA-C6B44A227096.jpeg
「バームクーヘン!?」
違う!

小池都知事は言葉選びの達人で、語り口調も知的で、あっという間にテレビに取り上げられ拡散されます。
しかし、私・・・ついていけるかな・・・。

C6D22F43-83FD-47FD-8CD0-BA5CB4ABD996.jpeg
「トゥギャザーしようぜ!」
それはルー大柴。

この記事へのコメント


前のページにもどる