空気が揺れるテノール~三大テノール~

ローマ、カラカラ浴場での奇跡のコンサートから昨年で30年。

7BF32351-8A78-4BD0-BF47-03188BD3C2B7.jpeg
それを記念して作られたドキュメンタリー映画を、先週観に行きました。

世紀の共演は何故、どのようにして実現したのか?
三人のライバル意識は?

クラッシック音楽界最大のイベントを、当時の映像と現在のインタビューを交えて、丁寧に解説した作品。
綺麗ごとばかりではない部分も、きちんと証言していました。

サッカーワールドカップ・イタリア大会を記念し、ライバルでもありながら「サッカー好き」の共通点を持つ三人が、カレーラスの白血病克服、復帰の祝いもかねて、一夜限り(のつもり)でおこなったコンサート。
その日の熱狂と興奮を伝えるCDは我が家にもあり、現在でも売れ続ける、クラッシック界最大のセールスを記録しています。

その後「売れに売れる、三大テノールコンサート」は世界中で開催されました。
東京でもありましたが、良い席が取れるはずもなく、夫はソウルのオリンピックスタジアムで開催された時に、ツアーに参加しました。
ソウルから感動して、涙ながらに電話してきたのが昨日のことのよう。

26DA0B16-B0B6-449E-9677-869BD5DC342F.jpeg
映画館で聞く三人の声は、確かに生ではありませんが、凄い迫力!
空気がブルブルと揺れているのをはっきりと感じることができます。

ビッグマネーが動く三大テノールコンサートの裏側は、美しいことばかりではないかもしれませんが、

3FE31D09-C9FE-4936-BF32-A029817708F8.jpeg
そんな邪念も疑念も吹き飛ばす・・・才能とは、芸術とそういうことなのです。

この記事へのコメント


前のページにもどる