梅の香に呼び起こされる記憶

目に艶やかな桜に対し、今が盛りの梅は高貴な香りを放ちます。

C5B372BB-B1FD-4518-83AF-15869418DFA5.jpeg
平和大通りに咲く大ぶりで淡いピンクの「豊後梅」

707D64F6-5E80-4E81-9E4B-FFC3054ACA1C.jpeg
この木の下を通ると、あまりの芳しさに幸せな気持ちになります。

実家の近くには柑橘畑に混じり、白梅の畑がありました。
夜、車から降りると、清らかな香りが鼻をくすぐりました。
暗い中から香りだけが放たれていて、不思議な気持ちになったものです。
暖かい日中には、梅の木の下にあおむけに寝転がり、梅の花とその向こうに広がる蒼い空を、飽きることなく見続けていました。
ぼんやりながら未来に希望があり、小さな不安を払しょくする夢がありました。

もうその梅畑も無くなってしまいましたが、香りの記憶は明快に留まっています。

DD81422D-316E-4314-BDDC-D4E8E19E89C6.jpeg
ホリーと見上げる梅の木に、懐かしく幸せな記憶が蘇ります。


この記事へのコメント


前のページにもどる