ホリーの命を輝かせたい

桜を見上げながら、「来年も一緒に観ようね」とホリーとの約束。
若い時は何気ない一言でも、年々その重みは増してきます。

B60C5E15-ECF0-4C46-B338-EEA9FC6222E7.jpeg
祈るような気持ちで「来年も一緒に桜を観よう」と言って、桜前線を待っていました。
その中でわかった事実。
ホリーは腎臓の数値が良くない状態でした。
それよりも深刻なのは、脾臓に腫瘍らしきものが見つかった事。
もしこれが血腫であり、破裂したら命の保証はありません。
ホリーは爆弾を抱えた状態なのだそうです。

26380C12-119B-4C5B-8F80-E20634424628.jpeg
脾臓の摘出手術をどうするか、飼い主として判断を委ねられました。
ホリーが10歳なら、迷わず「お願いします」と言ったでしょう。
でも15歳で腎臓疾患のあるホリーに、全身麻酔を伴う手術を委ねるべきか・・・。

娘が泣きながら、病気について検索していました。
息子が電話をしてきました。近いうちに帰ると・・・。

手術をするもしないも大きな決断です。
ただ・・・
私たちの深刻な様子を敏感に察知してしまうホリーです。

心配はさせないよう、不安にさせないよう。

CD642B65-3C2C-4833-B0C7-6C3B26C79FCC.jpeg
命の時を輝かせてあげたい。

この記事へのコメント


前のページにもどる