子規から西行へ捧げた句

比治山の桜も、間もなく見ごろになるでしょう。
今日は少し肌寒く、少し足踏み。
それも急いで行く季節を惜しむ私たちにとっては、少しホッとすることです。

A3D67680-D665-4F4B-8111-43DD897D797A.jpeg
桜の季節は少しでも長く・・・。

DCAB8036-7E5C-4A33-BF7A-039B35D34522.jpeg
見ごろを前に、車両通行の注意を促すコーンが桜バージョンのピンク。
そして、それぞれのコーンに桜にちなんだ句が貼りつけてあります。

41B5F923-BF10-4108-B6A2-8211374D2BF4.jpeg
ひとつひとつ、読みながら歩きます。

有名すぎる芭蕉の「さまざまのこと 思いだす 桜かな」

BBC4B315-8650-4A45-98E0-49A306AE179A.jpeg
年を取るにつれ、含蓄深く感じます。
浮かれ騒いだ若い花見、しみじみと見上げる年を経た花見。

9FA079E7-46D2-490B-916C-02FEDCCA908F.jpeg
こんな句を見つけました。
「西行の 命なりけり はつさくら」

桜を愛し、桜の歌を沢山詠んだ西行・・・その命の消える時まで桜と共にと願っていました。
病に倒れ、命を削りながら句を詠んだ子規。
初桜を「西行の命そのものだ」と感じ、捧げた句なのでしょうか。

AC7E768B-846B-4D65-90A1-829D3175A905.jpeg
桜は「命」を感じさせる花です。

この記事へのコメント


前のページにもどる