行く春、惜しむ春

今年の桜は、まるで駈けるようにしてその季節を終えようとしています。
寂しいことです。

343FFB46-8B00-450A-AF7F-07C5DE0F7F16.jpeg
しかし地面がピンクに染まるのも、風情があります。

花見て一杯とばかりに、息子がシャンパンをくれました。
さすが我が息子、母の好みを押さえています。

309069B8-AA23-4898-8541-9EFD21C9AC69.jpeg
嬉しいのでお花を入れました。
その横にあるのは、桜の花。
娘がホリーの散歩途中で拾って来たものです。
嬉しそうに「見て~」と差し出すところは子どものまま。

0D64C59F-030D-4471-B090-2E9708512D65.jpeg
「やれやれ」

弊社でも、今日から新人さんが頑張ります。

惜しまれる桜の季節ですが、気持ちは前へ・・・。
「コロナ禍では浮かれないで、来年ゆっくりと眺めなさい」と桜に言われてるような、そんな日々です。

ABC1133D-D35D-4170-8D0E-076DABB3E1BE.jpeg
来年、必ず・・・。




この記事へのコメント


前のページにもどる