とびしま海道、ハルキストとの対戦?

映画「ドライブマイカー」の主なロケ地となった広島は盛り上がりました。
普通の広島県人なら嬉しいよね。
たった一人を除いては・・・それは何を隠そう我が娘。

5ABDFFEE-42C8-433A-B412-4D950EFC11C5.jpeg
とりわけ「とびしま海道」を愛する娘は昨年、大崎下島が「ドライブマイカー」のロケ地となったことを知り、すごいね~と感心する私を横目に複雑な表情をしていました。
「ここが賑やかな場所になってしまう」
と狭量なことを言っていました。

いいじゃない、コロナで打撃を受けている島の観光に携わる方には希望でしょ。

207FDDB0-01A2-475F-9FA0-21EF85718CE4.jpeg
その後カンヌ映画祭脚本賞、アカデミー賞でも多くのノミネートを受け、快進撃は続きます。
地元テレビ局、新聞雑誌の盛り上がりに反比例し、「見つかってしまった、大切な場所が・・・」と嘆く娘。

そして見事アカデミー賞国際長編映画賞!
ニュースと共に映し出される美しい広島の画像、そして煌めく島々。
この場所をロケ地に選ぶなんて、濱口監督はなんてセンスの良い方でしょう。

「観光客が大量に押し寄せる」・・・不満たらたらの娘。
大丈夫よ、ハルキストは静かな大人が多いから。

「ご飯を食べるのに、並ばなくちゃいけなくなるかも」
「駐車場に止められなくなるかも」
連休のとある日、とびしま海道へのドライブを楽しみにしつつも文句言う娘に、いつもより早くの出発を言い渡されました。
ハイハイ・・・。

でも、本当に駐車場は危なかった。
ギリギリで止めることができたという状況。
まあ賑わうことは良いことですよね。

どんなに賑わっても心の静けさをもたらしてくれる、ホリーとの思い出いっぱいの海岸。

51AD7599-0D28-4C87-8BAF-A8955187F257.jpeg
この海を見ながら、泣けなかった日々を払しょくするように声を上げて泣いた日。
ホリーが隣にいてくれた、あの日の海岸。

6B172A12-D198-4772-A291-3D22C16C22B3.jpeg
同じように煌めく海でした。

世界中のハルキストを敵にまわしそうな娘に
「瀬戸内国際芸術祭の直島みたいに、キアヌ・リーブスが来ちゃうかもよ」と言うと
「まあ、キアヌが来るなら・・・」だって。

5170560E-61D9-4109-96F0-335FDA241D89.jpeg
「ママもでしょ」







この記事へのコメント


前のページにもどる