ホリー店長の日記

久しぶりの高校野球フル開会式

ウルウルしちゃいました。高校野球の開会式。長いコロナ禍のトンネルから抜け、本来の姿に戻った大会です。 昔とは格段に暑さが厳しくなり、乗り越えなければならない問題はありますが、全国の選手が揃った全校での行進は壮観でうれしいものでした。 しかし年を取ると高校野球を観るのが辛くなりました。何故ってトーナメント戦だから。負けた学校の選手や応援団が画面に映し出されると、もう泣けてしまって・・・。地元広…

続きを読む

昨夜の宴

ご自宅にお招きしていただきました。私も以前はホームパーティー大好きで、狭い我が家に来ていただいていたのですが、もうすっかり遠のいてしまいました。頑張って料理をしていたのが、はるか昔のよう・・・。 昨日お招きしてくださった方も、ガッツリ働く女性なのですが、デパ地下やお取り寄せなどを利用して、豪華な食卓でした。ちょと反省。 このケーキのような一品は、フィレステーキ。美しさにもこだわってます。 …

続きを読む

エンゼルススタジアムにチュール

毎朝目覚めて、リビングのエアコンをオン。まとわりつく猫たちをなだめながら餌をあげ、テレビをオン。 ニュースで飛び込む大谷翔平君の活躍に、今朝も気分よく一日を迎えられる予感です。「大谷チェック」は、多くの日本人の朝の日課になってるのだと思います。 おや・・・ホームの後ろの看板・・・チュール・・・? ここにもこんなに大きくチュール。 アメリカ版チュールの巨大広告。 以前はコーセーも見つけま…

続きを読む

父の日はカープ

昨日はなんと10年ぶり。カープの試合のスタジアム観戦です。 「間さん、家が近いのに何で観に行かんのん?」と言われ、何でかなと考えました。 スタジアム観戦にはいつも夫が居ました。子どもたちも「パパと一緒に行くもの」という感覚があったのかも。 でもWBCに凄く感動し、野球ってやっぱり楽しいし面白い。行ってみようかなという気持ちが膨らみました。質問をした方が交流戦の良い席のチケットを下さり、娘と…

続きを読む

ユキ・ハナ騒動終了

両親が退院ししばらく経ったので、そろそろ良いかとユキちゃん・ハナちゃんを実家に戻しました。ハナちゃんは私にも随分慣れてくれ、二匹のいる部屋へ行くと「にゃ~~~」と可愛い声で出てきてくれました。抱っこするとゴロゴロ喉を鳴らしていました。 でもユキちゃんは、結局慣れず仕舞い。近寄ると「フ―!!」と威嚇していました。 ユキちゃんは私のこと嫌いだろうけど、私はユキちゃんのこと大好きだからね。そういい…

続きを読む

神様はいる

本日、訃報のお手紙をいただきました。まめちゃんという可愛いワンちゃんです。 5年前飼い主さんが緊急に入院となり、マンションに一室に置き去りにされたワンちゃんです。引き取る気がないという親戚に、こちらで保護宅を見つける旨の話をつけ、救出した時のまめちゃんの姿は忘れられません。 ホリーとすぐに仲良くなり、一緒に散歩に出かけ、クローバーの感触を楽しんでいたまめちゃんは、本当に可愛かった。筋肉の落ち…

続きを読む

WBC協奏曲

「私、今日これで8オオタニ」・・・なんの意味か分かりますか?テレビをつけると、WBCの話題はもちろんCMでも出ずっぱりの大谷選手を何回観たかって意味です。WBCの試合中はCMも大谷さん、ニュースも大谷さん。 ついに女子の牙城である、日焼け止めやお化粧品のCMも大谷さん起用です。 「お肌ツルツルだしね〜」 でもそんなお祭りもあと2試合。寂しい限りです。 理想の息子、ヌートバー君もあまり見ら…

続きを読む

猫神家の一族

3月22日、弊社は50周年を迎えます。商工会議所からの通達で、法人化して50周年であることを知らされ、会社の略歴を記すことになりました。(人に言われて知るという不甲斐なさ) そこで確認したことは、なんと夫の祖父である間次郎が、この地で「間商店」を創業して来年11月で100年になるということ。原爆投下で一時は業務廃業になるも、その後義父が頑張って再興を果たし、夫が引き継ぎ事業拡大を図り現在に至り…

続きを読む

ユキちゃん捕獲計画、成功!

実家猫・ユキちゃんを25日土曜日に、無事保護いたしました。 前日、捕獲に備えて大型の虫取り網のような形の器具を作りました。やや肥満体系のユキちゃんですから、破れないよう壊れないよう、針金で頑丈に結び付けます。もう、手が痛い・・・ そしてやっと出来たその仕掛けを見た娘に言われたこと・・・「釣具店にあったんじゃない?」あっ・・・ でもこれのおかげで大成功!一足先に来ているハナちゃんと合流です。…

続きを読む

ユキちゃん、ハナちゃん捕獲作戦

両親が共に入院してしまいました。 さて、ユキちゃんハナちゃんの二匹の猫をどうしたものか・・・。同じ市内に住む兄が毎日通って餌をあげ、トイレの始末をしていますが、それがずっと続くのは大変な負担です。 元はと言えばムーと共に京橋川沿いに捨てられていた子たちです。生まれて間もない、目も開いていない仔猫でした。哺乳瓶で私がミルクをあげ、ホリーが体を舐めて排泄させ、生き延びた子たちです。タロウの時と同…

続きを読む