つれづれ

好事魔多し!

昨日の朝の激震ニュースから一夜。続々と・・・というには少々遅い足取りで「水原一平氏解雇」「違法賭博」の続報が流れます。 6億8千万もの大金を、大谷選手が肩代わりしたという情報が本当なら、大谷選手も処罰対象になるのではないか?相手は日本風に言うと、反社。そうと知って、そこに資金を流した罪は大きい。第二のピート・ローズだ!・・・という反・大谷的意見も見受けられます。 でも、やっぱり大谷選手の関与…

続きを読む

早く!早く!!早く!!!

能登半島を襲った地震はら10日が過ぎ、被災した方々の現状が映し出される日々。災害の多い日本にあって、こんなにも準備不足なのは如何なものなのでしょうか? 水が無いって・・・これが腐ってもGDP4位の国? ヘリコプターは?オスプレイは?ドローンは?東北の震災ではアメリカの空母ロナルド・レーガンが出動してくれましたが、今回は?素人丸出しですが、地団駄踏みたくなります。 寒さは厳しくなるばかり。身…

続きを読む

心をよせて・・・

あけましておめでとうございます。今年は良い年になりますように・・・と願った途端、新年早々の惨事。能登半島の大地震、それにまつわる大火事、そして支援物資を届けるための海自が事故。 心が挫けそうになります。 たまたま買った雑誌の新年号が、石川県の特集でした。金沢や輪島、能登の海の幸、美しい文化や町、洗練された宿・・・たくさんの美を内包する能登半島。 災害が多い日本ですが、傷ついた人々に心を寄せ…

続きを読む

ジュリーさんに思うこと

鏡を見てギョッ!眉間に皺がくっきりと・・・。 PCのみならず、スマホやタブレットがお仕事ツールになってしまい、眉間に皺寄せて観てるんでしょうね。おまけに朝まだ薄暗い中、起き抜けにベッドの上でニュースチェックをする習慣がついてしまい、こりゃ目にも悪いし皺も増えるというもの。62歳と言えば皺くちゃでも仕方ないのですが、もう少し抵抗していたい。 「あきらめの悪い・・・」 けさのチェックは特に食い…

続きを読む

こんな時に不謹慎ですが・・・~ジャニーズ~

お昼ご飯が3時過ぎになってしまいました。もう、フラフラ・・・。やっとありつけたお昼ご飯のお供が、ジャニーズ会見っていうのもどうよ。でも、気にはなる。 あれ、ジュリーさん、いないじゃない、まずいんでないの?後で聞くと、パニック障害を抱えているとのこと。何か事情のある方のように思っていましたが、腑に落ちた感じがしました。大富豪の後継者なのに、どこか影があるような気がしていました。本来ならパリス・ヒ…

続きを読む

北海道の仔鹿物語

北海道で鹿が増え、牧場や作物を荒らし、大変な被害が出ているそうです。奈良公園や宮島での「神の使い」として大事にコントロールされている鹿ばかり見ているので、北海道で害獣との扱いを受けている鹿の様子はなかなか想像できません。しかし、こういうニュースを聞くと、子供のころ観たアメリカ映画「仔鹿物語」を思い出します。 開拓時代の西部のとある家族の物語。生きるために一頭の鹿を射殺しますが、その鹿には幼い仔…

続きを読む

美味しいお魚、いただきま~す ~処理水問題~

昨日からずっと中国の方々のヒステリックで耳障りな声がテレビで流れ、「朝の番組なのにこんなんばっか・・・」と嘆いています。日本のあちこちにランダムに電話をかけてきては「バカ」だの「死ね」だの・・・。しかもどの番組もおんなじような画面で、「一斉報道でもしてるの?」と思ってしまいます。 「日本は粛々と正しい数字を示し・・・」と言われても、その政府発表の数字をマスコミ各社報道せず、鬱陶しく喚き散らして…

続きを読む

人こそロマン ~藤井壮太とWBCメキシコ戦~

藤井壮太棋士と侍ジャパンの栗山監督の戦い方を見て、ふと思うことがありました。データやAIが駆使された現場の、最後の部分の決定。 「答えはすべて己の内にある」という言葉を思い出しました。深い深い思考の末に、答えが見つかるというもの。常人では考えられない深い思考を得るには、ある人は断食を、ある人は何日もの座禅を・・・。無になってひたすら自身の内に入っていく状況は、自分を追い込んだ末に到達できる境地…

続きを読む

子どもの性被害に鈍感すぎた私たち

日本中、多くの人がなんとなく感じていたこと・・・。ニュースの一報の後感じたことは、「まさか」ではなく「やっぱり」・・・。 未成年の少年に対する、ジャニー喜多川氏がおこなった性加害。なかなかニュースにもならず、数年前「#me too」で大騒ぎしていた人たちも口をつぐむ有様。嵐が過ぎ去るのを待ち、うやむやにされるのかと思っていました。 やっと報道が動いた現在ですが、正義の鉄槌には程遠く信用の毀損…

続きを読む

切り取り発言のトップニュース

先日宮島で、厳島神社の献茶式が実に3年ぶりに開催されました。私はあるお茶席の受付を担当したのですが、一時期茶席のお客様や参拝客で拝殿所前はごった返す状態。慣れぬこととはいえ機転の利かない私は、その状況を上手に捌くことができません。ワチャワチャやっているうちに、終わってしまった感じでした。お客様に申し訳ない・・・。 でも、美しい光景で許して・・・。 ずっと変わらない、自然と文化が美しく融合した…

続きを読む