ひろしま

宇品猫は個性的

先日の日曜日、ホリーは大好きな元宇品へ。 相変わらず、早く早くと急かします。 「キャッホー!」もう元気いっぱい。この姿を見たかった・・・。 そして、元宇品では個性的なネコちゃんも・・・。 なかなかアート模様のネコちゃん。逃げないで、じっと見つめてくれていました。 そして、お馴染みの怖がりネコちゃんですが・・・ 木の隙間から覗く顔が般若のよう。でも、鳴き声はすんごくかわいい子なのです。

続きを読む

元宇品の海岸でダッシュ!

ホリーが「ジャックラッセル化」マックスになる場所・・・海岸。さてと、久し振りに宇品へ行きますか。 元宇品のシンボルツリー、樹齢350年のクスノキも青々と葉を茂らせています。 白い露草の一群。 凄い勢いで階段を降りて行きます。無理すると、膝にくるよ・・・と言っても、聞く気無し。とにかく海へ気がはやります。 着いたー! もうじっとしてはいられない、走る走る。ジャックラッセルだったんだね~。…

続きを読む

とびしま海道の再開に優しい波

緊急事態宣言解除後、初の休日。土曜日はあいにくのお天気で、神様に「STAY HOME」と言われたようです。 でも日曜日は快晴!こんな日は島ドライブでしょ。 「もう、じっとしてられない奴」 車から景色を眺めて、ちょっと降りてご飯食べるだけの行程でも、気分の爽快さは最高です。 あれ、霧がかかってる・・・。 こんなの初めて・・・。遠くから船の汽笛が鳴ります。やっぱり神様からの「STAY HO…

続きを読む

静謐な桜と尾道ネコとカフェタイム

あ、タロウ? ムーまで・・・ まさか私たちを追いかけて、尾道まで空間移動したとか・・・なんて・・・。 尾道のゆったりマッタリした時間は、尾道ネコたちが魔法をかけて作っているかのようです。 尾道の桜の名所と言えば千光寺公園。でも私は小さな頃から、尾道の桜は西国寺。 古くて趣のある木と 古い建物のコントラスト。 そして階段を頑張って上ったご褒美に・・・ この景色・・・。 有名な仁王…

続きを読む

娘と私の尾道時間

本来なら満開の桜の中、名所は大変な人出のはずでした。尾道も例外ではないでしょう。 昨年から「満開の時期にまた尾道に行こう」と言い合っていた私と娘ですが、「カフェとか閉まってないかな~」という不安はありました。でも、歩いて桜を眺めるだけでもいいよね。 尾道までの移動は車。いつも駐車場不足であることを考慮して、少し離れたところに駐車しましたが、なんのなんの、中心部でもたくさんの空車マークです。桜…

続きを読む

瀬戸内お刺身波の音

朝市でピチピチプリプリの鯛が売られていました。美味しそう!でも綺麗に捌く出刃包丁もなく、美味しいお刺身を作る刺身包丁もありません。買わなきゃな~と思いながらも、手入れを考えるとズルズル先延ばしにしていました。 スーパーで売られているパック入りの柵とは段違いの歯ごたえのお刺身、食べた~い!休日なので、綺麗な景色も見に行きた~い! 「わがまま」 よし、島ドライブでランチをしよう! 気温は低く…

続きを読む

大山祇神社 国宝館に思う

全国にある神社仏閣。観光客で賑わっていて厳かさが損なわれてきましたが、それでも目を見張るものが多く、思わず頭を垂れます。 先日訪れた大三島の大山祇神社。超メジャーな割には観光客は比較的少なく、ゆっくり参拝することが出来ます。カテゴリーを「ひろしま」としていますが、愛媛県。我が家から高速~しまなみ海道のコースで行きました。とびしま海道の岡村島からフェリーで15分というコースもあり、美しい海のドラ…

続きを読む

宇品港、パラダイスの塔

グッと冷え込んできました。冷たい雨がよけい寒さを増幅します。 宇品の1万トンバースにある広場で駆け足! 少し身体が温まります。 宇品港開港100年を記念して建てられた「パラダイスの塔」 中は神秘的です。 戦時中は多くの兵士がこの港から派兵された歴史を持つ宇品。今は平和な光景です。 大きな船に遠い国への思いを馳せ、ずっとのどかな宇品でありますよう祈ります。

続きを読む

晩秋の色・色・色

平和大通りに車を走らせながら、思わず「きれ~」とつぶやいてしまいます。 去年の画像ですが、今年の銀杏も綺麗です。 モミジも鮮やかさを増しました。 桜の葉は散りかけていますが、今年もありがとうと言いたいくらい綺麗でした。 比治山、陸軍墓地の桜の木々。 春は花、夏は緑、秋は紅葉・・・長い期間、若くして散った魂を慰めます。 私も悲しい時、比治山の木々に慰められました。

続きを読む

平和の海への祈り

教皇フランシスコ御来広に向けて、最大級の警戒とのこと。実家からの帰りには、国道が混雑気味でした。 核軍縮が進まない世界に向けて、長崎と広島からのメッセージに大注目です。 実家からの帰り道で。平和なこの光景を守っていけますように。

続きを読む