ひろしま

潮風と朝食を

ホリー、お待たせの海ですよ~。 今日も灯台が見守る元宇品の海岸。 歩いて走って疲れたら、砂浜で朝食です。コーヒーとクロワッサン。潮風がスパイス。 「味見~」ダメ。 猫ちゃんが笑ってるよ。 優しい風に吹かれながら、行き交う船を眺めながら・・・。 マッタリした朝の時間。ホリーと娘と私の心の贅沢時間です。

続きを読む

芸北でゴッホの世界を体感

芸北ドライブ、腹ごなしの後の午後のドライブ。珍しい「天狗シデ」の群生する場所を目指して行きました。 5月というのに緑が春色・・・淡いグリーンのグラデーションの中を走ります。 あれれ・・・。道を間違えてしまったようで・・・。 林道へ入ってしまいました。やっちまったー! 狭い林道、ガードレールなどというものはなく、拙い運転テクニックで恐々と進みます。しかし・・・ もののけ姫の様相ではないで…

続きを読む

令和最初のお花見?

先日の子どもの日、我が家の子どものリクエストで山方面へのドライブをしました。 「もう子どもの日って年でもないのに・・・」 新緑で気持ちのいい広島市内ですが、芸北は・・・。 まさかの桜。 今年最後というか令和最初のお花見になりました。なんだか、得したような気分です。 足元の小さな花も、可憐です。 北広島町の森のレストラン「ファーム・ノラ」の看板犬、ゴボちゃんも元気でした。「誰か遊んでく…

続きを読む

竹原、レトロなイタリアン

昨日息子が、三原のじいちゃんばあちゃんちに一泊するというので、ドライブがてら竹原で食事をして行こうということになりました。カフェやレストラン情報も無計画でしたが、どうしてなかなか良いプチトリップです。 歩くには少し暑かったからでしょうか、思ったよりも人でも少なく・・・というよりは、普段からあんまり広報活動の少ない竹原。今は大久野島ばかりを押していますが、私は竹原の保存地区の古い町並みが大好き。…

続きを読む

この海を忘れないで

広島市内は5月3日~5日まで、フラワーフェスティバルで盛り上がります。でも私たち親子は喧騒を逃れ、島旅です。 「あまのじゃく」はい、そうです。 道路が混雑することも考えて、早めに出発したのが功を奏したのか、大崎下島の「新豊」さんにすんなりと入ることが出来ました。 さあ、散策前に腹ごなし。 連休とあってか、珍しくイベントなどを開催されていましたが、静けさを求めてやって来た私たち。反対方向に…

続きを読む

尾道でトムとハックの探検記

え~!こんなところにあるお店、どうしてわかったの? ホームページやSNSでの情報で知る新店。しかし、尾道の道はまるで迷路。一歩間違えれば魔窟。 「失礼過ぎる」いや、面白いって表現なんだけど・・・。 娘が調べた新しいカフェやギャラリー、まるで探検のようで、ワクワクしました。 この看板が見つかったら・・・。 こんな素敵なカフェに行くことが出来ます。 古い家屋を改造して、アンティークを置い…

続きを読む

どこで愛でるか尾道桜

まだ五分も咲いていませんでしたが、春の尾道は大勢の人で賑わっていました。 先ずは腹ごしらえ。 海岸通りのレスポワール。 尾道に来たら、やっぱりお魚のコースでしょ。瀬戸内の鯛と天使の海老。ソースは鮑の肝が使われていて、美味しいの当たり前。 さて、桜散策を千光寺公園から始める方が多いと思いますが・・・。私はタクシーで西国寺の山門まで行きました。 意外な桜散策の穴場です。 山門には大きな草…

続きを読む

京橋川の秘密

川には色々な表情があります。 優しい時を刻み、美しい景色をつくる。 そして意外にも、怖ろしい歴史の場所でもあります。 京橋川沿いにある千切大師。 かつて処刑場があった京橋川。処刑された罪人達の霊を弔います。 お彼岸の日に、多聞院のご住職と有志の方がお務めをされます。 昔のことと思われますが、まだその跡が悲しく憐れにも残り、一層寂しく感じる夕暮れ。 慰めの美しい夕暮れ。 「今は、素…

続きを読む

倉橋島、優しい春の海

雨がしとしとの休日の朝。あ~あ、残念。仕方ないから街に繰り出そうか?・・・でも、春と言えばドライブでしょ、あきらめて良いの? 「そういうことだけは根性ある」 思案あれこれの結果、倉橋島に行くことにしました。 テンポの良いヘビーな音楽をガンガンかけていると、雨雲もいつの間にかなくなり・・・。 倉橋島の海岸につくころには、お日様も顔を出しました。 ドックがあった場所で、管弦際の船など木造船…

続きを読む

比治山、お花見準備万端

花粉症をものともせず、朝はホリーと比治山散策です。 提灯が出ていました。もうすぐ山がピンクに染まる時期到来。わくわく感が止まりません。 比治山猫ちゃんも、温かい日差しを受けています。 人間が怖いのか、かくれんぼ。 ずっとホリーと見つめてきた桜。今年も一緒に見られるね。神様、ありがとうございます。

続きを読む