御手洗ランチに梅の香り

とびしま海道、御手洗の「新豊」
コロナ禍でけっこう久し振りのランチとなりました。

325D26EF-8B06-48EC-BF73-13EB3FA61612.jpeg
古い格子の向こうから、潮の香りが漂います。

E0D6DE8C-F57E-484E-B67B-0CE71D53BCF1.jpeg
三味線のバチが飾ってあり、御手洗が賑やかな港だったことが偲ばれます。
古くからの風待ち、汐待ちの港で、薩摩藩や琉球通史、北前船の宿泊もあったとか。

6126C975-EDFC-4794-8D61-D6BC0AF1CD1F.jpeg
ランチもやっぱり美味しい!
刺身はプリプリ、天ぷらはサクサク、お吸い物は魚のアラのお出汁、ご飯にはおこげもあって・・・素直に美味しいんです。

腹ごなしに散策。
歴史の古い御手洗には、菅原道真が大宰府に左遷される際に寄ったという記述もあり、そこが天満宮となっています。

4FF74931-17A8-4CE5-9503-A254973C90BC.jpeg
天神さんといえば、主を慕うあまり京から大宰府に飛んで行ったという、飛梅伝説があるくらい梅の名所のはずですが、昨今は桜が多いよう。
ここも桜が寒そうに冬越えをしていましたが、正面にはやはり梅。
香り高い白梅です。
こうでなくっちゃね。

C604BA60-C52B-41D7-B4F4-3557DAB05FB1.jpeg
青空に伸び行く紅梅の枝。

20B79F71-64FA-408C-BD82-B85C1FB7B3B2.jpeg
梅の向こうにはレモン畑。
くっきりとしたコントラストが島らしい。

F647DC6D-4D91-4AC9-BD67-6E38A757995A.jpeg
たわわに実っています。

3B47069F-C0AC-474F-8EC0-68C9720EDC6E.jpeg
ちょっと辛いことのあった娘、最初は口数少ない状態でしたが、島に着くともう饒舌。
やっぱりここは、癒し効果抜群です。

あちこちにある販売所で、八朔とレモンを購入。
いちごもありました。

422AA799-050B-4DF9-8FB9-8832707C6C13.jpeg
確かな春の訪れの味です。

"御手洗ランチに梅の香り"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

前のページにもどる