新井監督、爆発!

カープがCS第2ステージへ!ハラハラドキドキさせるのはいつものことですが、そこが「応援しなくちゃ」と思わせるんですよね、カープって。 新聞の一面でもこんな無邪気な喜びっぷりで、しかし新井監督はいつもこんな感じでしたっけね。 巷では「一番近い席で見ているファン」と言われている新井監督。監督も2年目3年目となれば変わってくるのかもしれません。でもこんな初々しい気持ちは忘れないで欲しいと願います。…

続きを読む

ジュリーさんに思うこと

鏡を見てギョッ!眉間に皺がくっきりと・・・。 PCのみならず、スマホやタブレットがお仕事ツールになってしまい、眉間に皺寄せて観てるんでしょうね。おまけに朝まだ薄暗い中、起き抜けにベッドの上でニュースチェックをする習慣がついてしまい、こりゃ目にも悪いし皺も増えるというもの。62歳と言えば皺くちゃでも仕方ないのですが、もう少し抵抗していたい。 「あきらめの悪い・・・」 けさのチェックは特に食い…

続きを読む

こんな時に不謹慎ですが・・・~ジャニーズ~

お昼ご飯が3時過ぎになってしまいました。もう、フラフラ・・・。やっとありつけたお昼ご飯のお供が、ジャニーズ会見っていうのもどうよ。でも、気にはなる。 あれ、ジュリーさん、いないじゃない、まずいんでないの?後で聞くと、パニック障害を抱えているとのこと。何か事情のある方のように思っていましたが、腑に落ちた感じがしました。大富豪の後継者なのに、どこか影があるような気がしていました。本来ならパリス・ヒ…

続きを読む

北海道の仔鹿物語

北海道で鹿が増え、牧場や作物を荒らし、大変な被害が出ているそうです。奈良公園や宮島での「神の使い」として大事にコントロールされている鹿ばかり見ているので、北海道で害獣との扱いを受けている鹿の様子はなかなか想像できません。しかし、こういうニュースを聞くと、子供のころ観たアメリカ映画「仔鹿物語」を思い出します。 開拓時代の西部のとある家族の物語。生きるために一頭の鹿を射殺しますが、その鹿には幼い仔…

続きを読む

思い出のエネルギー

ある場所に車を駐車した時、あの頃が蘇ってきました。「ジローを通院させるために、ここに駐車してた」1年前のことですが、車内でのジローの息遣いをはっきり思い出しました。 痛かったね、苦しかったね。もっと早くわかってあげられたら、今も元気だったかな?そうか、明日はジローの誕生日・・・保護されて我が家に来た日だったね。17歳のおじいちゃんだけど、きっと大きな赤ちゃんのままだったと思うよ。 我が家では…

続きを読む

美味しいお魚、いただきま~す ~処理水問題~

昨日からずっと中国の方々のヒステリックで耳障りな声がテレビで流れ、「朝の番組なのにこんなんばっか・・・」と嘆いています。日本のあちこちにランダムに電話をかけてきては「バカ」だの「死ね」だの・・・。しかもどの番組もおんなじような画面で、「一斉報道でもしてるの?」と思ってしまいます。 「日本は粛々と正しい数字を示し・・・」と言われても、その政府発表の数字をマスコミ各社報道せず、鬱陶しく喚き散らして…

続きを読む

人生は敗者復活・・・仙台育英・王者の負けっぷり

昨日の高校野球決勝戦。あいにくの仕事で、途中チラチラと観るのみだったのですが、なにやら凄い熱気というか異様な空気というか・・・。 神奈川と宮城・・・どちらも縁がない県なのでどちらを応援しようかと考えていました。やはり日本人としては判官びいきが発動するものです。とすると優勝候補の呼び声高く、投手も打者も強者を揃えた仙台育英が下馬評として軍配が上がり、それに対峙する慶応を応援したくなるのですが・・…

続きを読む

久しぶりの高校野球フル開会式

ウルウルしちゃいました。高校野球の開会式。長いコロナ禍のトンネルから抜け、本来の姿に戻った大会です。 昔とは格段に暑さが厳しくなり、乗り越えなければならない問題はありますが、全国の選手が揃った全校での行進は壮観でうれしいものでした。 しかし年を取ると高校野球を観るのが辛くなりました。何故ってトーナメント戦だから。負けた学校の選手や応援団が画面に映し出されると、もう泣けてしまって・・・。地元広…

続きを読む

昨夜の宴

ご自宅にお招きしていただきました。私も以前はホームパーティー大好きで、狭い我が家に来ていただいていたのですが、もうすっかり遠のいてしまいました。頑張って料理をしていたのが、はるか昔のよう・・・。 昨日お招きしてくださった方も、ガッツリ働く女性なのですが、デパ地下やお取り寄せなどを利用して、豪華な食卓でした。ちょと反省。 このケーキのような一品は、フィレステーキ。美しさにもこだわってます。 …

続きを読む

エンゼルススタジアムにチュール

毎朝目覚めて、リビングのエアコンをオン。まとわりつく猫たちをなだめながら餌をあげ、テレビをオン。 ニュースで飛び込む大谷翔平君の活躍に、今朝も気分よく一日を迎えられる予感です。「大谷チェック」は、多くの日本人の朝の日課になってるのだと思います。 おや・・・ホームの後ろの看板・・・チュール・・・? ここにもこんなに大きくチュール。 アメリカ版チュールの巨大広告。 以前はコーセーも見つけま…

続きを読む