ひょっこりジローと春馬君の月命日

机の下からひょっこりさん? 鼻のあたりに何かついてるよ。 ヨーグルトだ。私が食べて捨てたはずの、からっぽのヨーグルトの容器を舐めたんだね。 相変わらずのジローですが、じっとしていると男前に見える時も、極々たま~にあります。 ビジュアル系ワンコに見えないことも無い写真。 美しいと言えば春馬君、今日が初めての月命日だったとか・・・。 40代、50代・・・年齢を重ねたあなたを見たかったよ。…

続きを読む

酷暑と海と川とプール

「危険な暑さ」と報じられる日々、対策は大丈夫ですか? こんな日はホリーも店長業お休み。午前中だけの日や1、2時間程度の出勤もありますが、今日のような日は全面お休み。おうちでゆっくり眠っていてもらいます。 「・・・ZZZ・・・」 「あれ?店長は?」というお声をいただきますが、年齢(今年15歳)を考えて休ませている旨を話すと納得してくださいます。私が出かける様子を伺い、「絶対一緒に行く!」と玄…

続きを読む

眠り猫とカーペット

危険な暑さの毎日です。おうちが一番。 でもリビングにデーンと敷いてあるカーペット、暑苦しいのでしばらくの間片づけておきたい。・・・だけど・・・ こんな様子を見ると、片づけるのが無情のようで・・・。 相変わらず、あざといムーです。 10歳になりましたが、娘曰く「8年分くらいは眠ってる」とのこと。 この寝顔につい、引き込まれてしまいます。 猫じゃらしのお土産に、珍しく起きるムー。少しは運…

続きを読む

緑が濡れて

安芸高田市は収賄事件に揺れて、先日市長選があったばかり。でもそんなことなど関係なく美しい北広島町に、昨日行って来ました。 深く沈み込むような谷の緑。 広島市内はカンカン照りで息苦しいような暑さでしたが、北広島町は時々小雨が降り、しっとりとした緑が青く香ります。 日がさすと、また違うグラデーションを見せる葉の色。 さあ、緑の中のファーム・ノラでランチ。 看板ワンちゃんのラブラドールのゴボ…

続きを読む

歌舞伎・半沢直樹

「濃いーーーー!!!」今期一番の視聴率を誇る「半沢直樹」を観て、そう思った人は多いでしょう。 前作の香川照之の顔芸やラブリンのオネエキャラだけでも濃いさ100%だったのに、従弟の市川猿之助に尾上松也。セリフ回しから顔芸から、もうこれは現代版歌舞伎でしょう。 猿之助の「はーんーずぁーぅわーーー!」の粘っこい叫びが出ると、思わず「澤瀉屋!!」って叫びそうになりました。 尾上松也のセリフ「ぜって…

続きを読む

「Go To」の行方

喧々諤々、姦しい、GoToトラベルキャンペーン。東京とそれを取り巻く県、大阪、愛知、福岡など、コロナの猛威は大変です。しかし検査を増やせば陽性者は相対的に増えるのは当然で、大事なのは重症化率や死亡者数。 それとテレビ新聞は「東京だけが日本」と勘違いしていませんか? 「広島だって日本だよ」 私だって多くの人が一斉に移動すると、ウィルスがまき散らされるという理屈はわかりますが、キャンペーンを辞…

続きを読む

75年目のあり方

今年は夫の7回忌でした。5月の連休に法要を行う予定にしていましたが、コロナの影響で中止とし、秋にまた予定しようと考えています。日にち薬とはよく言ったもので、悲しみや辛さは日々の営みの中に紛れ、徐々に薄まっていきます。しかし楽しかった思い出、何気ない言葉、明るい笑顔・・・結婚してからの思い出は薄れることなく、私の細胞の一つ一つに入り込み、私という人間をつくる核となっています。 今日は原爆投下から…

続きを読む

暑中お見舞い申し上げます

長い梅雨のトンネルを抜けると、そこは灼熱の国だった・・・川端康成と違い、ロマンも風情も無い。ホント暑すぎて、クラクラしそうな一日でした。 コロナより深刻に感じてしまう・・・不謹慎?でもこの暑さも、命にかかわります。 年ごとに、熱中症対策のグッズが様々に出てきます。あれこれ試すのもよいかもしれません。 ホリーも店長職、お休みです。 「つまんない・・・」

続きを読む

ひねくれタロウも11歳

呼んでも無視するかと思えば、しつこいくらいにつきまとって甘えて来る・・・。 今日はタロウの誕生日。ホリーが京橋川で、小さな黒い物体を見つけて11年が経ちました。 お母さんを一生懸命呼んでいたタロウ。聞けば2日くらい前からそこにいて、鳴いていたと言います。 雨に濡れ、低体温で動けなくなり、目ヤニで目が開かず、身体中ノミがびっしりで、弱っていたタロウ。ホリーが必死に育てたタロウ。あっという間に…

続きを読む

私は怒りの犬公方

この本のことをご存知の方は多いと思います。 「ある犬のおはなし」 以前本屋さんで見かけた時は、購入する勇気を持てませんでした。それほどまでに、悲しく、情けなく、心に大きなシミを作ります。でも、この悲しいシミを抱えていく勇気は必要。知らないふりは卑怯です。 多くの犬や猫が殺処分されている現実は、もうほとんどの日本人が知っていることでしょう。そして犬の場合、多くは飼い主の放棄による殺処分です。…

続きを読む