お宝追加か断捨離か

年を取って来ると、徐々に周りを整理していかなければいけません。断捨離が叫ばれて随分経つようですが、私も少しづつの整理を心がけようと思います。私が亡くなった後、家族に面倒をかけないためもありますが、自分自身が気持ちよく暮らしていけるようにという思いもあります。 「ぜんぜん片付いてないけど・・・」 大女優、高峰秀子さんは「亀の子たわし一個にいたるまで、この家には私が気に入ったものばかり」とおっし…

続きを読む

タロウが守る場所

しばしば夫の写真の前に陣取るタロウ。 まるで守ってるかのよう。 お人好しすぎて、経営者としては及第点を貰えそうにない夫ですが、人としての高潔さは一寸たりとも傷つけられるものではありません。妻が言うのもナンですが・・・。 犬猫って人間よりそういうことを嗅ぎ分けられそうに思います。人の好さにつけ込まれていた夫の苦難と悲しみを、時として妻や子どもより感じることが出来たかもしれません。情けない私に…

続きを読む

秋風に涙誘われ~かね恋最終回~

日曜の朝市で売られていた錦木。 一足早い紅葉は、山からの秋だよりです。 秋の風は暑かった夏の疲れを癒し、食欲を増し、出かける意欲をもたらしてくれます。 そして・・・ひとりの美しく輝いていた俳優の最後の姿に涙する・・・そんな時間与えてくれます。 傷ついた魂が、安らかに召されていることを信じています。素敵な作品の数々を、心からありがとう・・・。

続きを読む

輝け、娘盛り

先日、娘の誕生日を祝いました。リクエストにより、白島の一軒家フレンチ「MILLE」 昨年の誕生日、「来年は彼氏とお祝いかも」と感慨深く思ったものですが、そんなこともなくまた親子二人でお祝いです。喜ぶべきか、悲しむべきか・・・。 ま、いいか。 舞台が始まるような高揚した気持ちになります。 序奏は軽やかに、華やかに。 中盤は変幻自在に。 パパに似て、本当に美味しそうに嬉しそうに食べる子で…

続きを読む

犬と猫と朝の幸せ

朝方に寒さを感じるようになりました。ネコたちが近くに寝るようになり、ほっこりとした幸せ気分と窮屈さとを味わうのも、もうすぐのようです。 こういう姿は可愛いけど・・・。 でも夜が明けるとキュンキュンと催促してくるジロー。やれやれ・・・起きますか。 散歩途中に季節を感じる・・・犬を飼っている幸せです。今日も彼岸花が紅白に咲き乱れ、川べりを彩ります。 朝のお得タイムです。

続きを読む

女子心を揺さぶるプチギフト

昨日の勉強会でのいただきもの!縦が10センチにも満たない、小さくて可愛い箱。20人ばかりの勉強会で配られました。 京都の京華堂利保さんは、武者小路千家お家元のお好みのお菓子が有名ですが、日持ちしそうなお菓子でも地方発送がありません。いただくと、「京都からわざわざ持ってきていただいた」という気分。しかも柔らかくって出来立て感満載。朝の出来立てから新幹線で持ってきていただいたって感じでしょうか?あ…

続きを読む

何がどうなってるの!?

相次ぐ訃報に、もうこの世の中何がどうなってるの?と叫びたくなりました。 40歳になっても清潔な空気をまとった竹内結子さん。訃報を聞いた前日、配信で偶然「コンフィデンスマンJP」を観ていました。7月に亡くなった三浦春馬君と、スタアとジェシーとして騙し騙されを演じていました。 テンポよく、ノリノリでキラキラで・・・。 見つかる10分前まで、普通にご家族といたとのこと・・・心の中は本人しかわかり…

続きを読む

お尻を叩かれるアナログ世代

はんこ廃止に続き書類、ファックスも廃止の方向へ進める河野行革担当大臣。いずれはそうなるとわかってはいたものの、いざ目の前に突き出されると「ちょっ、ちょっと待って・・・」とうろたえる、アナログ世代代表の私。 抵抗はいたしません。いたしませんが、一気にスピードアップしたようで戸惑いと困惑の渦です。平均年齢が高い弊社の社員も、どこまでついて行けるのか・・・。 お尻を叩かれている気分です・・・。 …

続きを読む

シュッとしてはる人~五代友厚・三浦春馬~

一時心配された三浦春馬君主演映画「天外者」が12月11日公開となり、画像・映像の一部が公開されました。 来年の大河ドラマの渋沢栄一と並び称される「五代友厚」を描いた作品。東の渋沢、西の五代。ふたりとも自らの財閥を設けることなく、一代の経済人で人生を終えた偉人です。 政治だけで国が成り立つわけもなく、ここには語られるべき壮大な経済史があります。 去年鹿児島に行った時、当然街の中は「西郷どん」…

続きを読む

七回忌の秋空

5月に急遽中止となった夫の七回忌、無事に終えることができました。親戚を集めての法要はあきらめ、家族だけで静かに偲ぶ一日でした。 仰々しくない法要で、実は夫はこういった方がお好みかなとも思えます。 食事も子供たちと私、そして夫とご縁の深かった副住職様のみでしたが、意外に盛り上がり・・・。 秋の空は高く、美しく、夫の好きだったアリアが響いてきそうです。 パパ、ジローのこと気がかりだったと思う…

続きを読む